CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 『ソフトクリームのお話』 | main | より、おいしく! >>
『アイスクリームのお話』
0
    いつもペンギン堂ブログをご覧いただきありがとうございます。
    よさこいソーラン祭りが終わり、週末には北海道神宮祭と札幌の初夏の訪れを感じる催しが続いていますね。

    前回のソフトクリームのお話に引き続き、今回はアイスクリームのちょっとしたお話です。

    『アイスクリームとジェラート、ところ変われば・・・』

    日本でもすっかりおなじみの「ジェラート」。
    もともとこれはイタリア語で、日本やアメリカでいう「アイスクリーム」のことをさします。
    ジェラートもアイスクリームも広い意味で同じ「氷菓」のことですが、国によって成分や分類が少し異なります。


    日本でアイスクリームとよべるのは乳固形分15%以上、そのうち8%は乳脂肪であるもの、と法律で定められています。以下、乳固形分10%以上、乳脂肪分3%以上のものをアイスミルク、乳固形分3%以上のものをラクトアイス、それ以下のシャーベットは乳製品ではなく、一般食品の評価と分類されています。


    一方、ジェラート発祥の地、イタリアでは果物ベースのシャーベット「ソルベ」、シロップベースでみぞれ状の「グラニータ」、日本のアイスクリームに近い「ジェラート」、ホイップクリームなどをたっぷり加えた「セミフレッド」の4つに分類されます。

    ちなみに、イタリアのジェラートは通常乳脂肪分が5%前後のものが多く、日本の分類でいうと厳密にはアイスクリームではなくアイスミルクになります。
    ミルクがたっぷり、濃厚な味わいがお好みの方はアイスクリームを、脂肪分が少なくさっぱりとしたものがお好みの方はアイスミルクやシャーベットという記載を1つの目安にすると選びやすいですね。

    アイスクリームペンギン堂ではソフトクリームとのコンビで、これらのアイスクリームやシャーベット(ソルベ)をストレートに味わっていただくことができます。
    果物を使ったさっぱりなめらかなシャーベット(ソルベ)、チョコレートや果物、抹茶やあずきなどの和風食材など、素材の風味を生かして作ったジェラート、その日の気分に合わせてお選びください。
    | プロフィール | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://barlor.penguin07.main.jp/trackback/878263
    トラックバック